中古車を取扱う業者にとって二重査定制

中古車を取扱う業者にとって二重査定制度は都合が良い制度ではありますが、利用者にとってはかなり不利な制度です。
悪質業者にかかると、巧みに二重査定制度を利用して、ずいぶん査定額を下げてくることもあります。
二重査定制度で発生する問題を防ぐためにも、契約を行う前に契約内容をしっかり確かめること、査定時に正確に車の状態を伝えることが重要ポイントとなります。
車を売却するときに、車検切れの場合はどうすれば良いのかためらうがあります。
車を少しでも高く売ろうと考える場合、とりあえず、車検に出すべきではないか?と考える人もいるかもしれません。
でも、それは間違いなのです。仮に車検に出したとしても、それに、見合う買い取り額、査定額の上乗せは望むことはできません。
それなら、車検が切れた状態で査定を受けた方が全体的にお得なのです。
車査定と下取りを比較したとき、下取りのほうがいいと思う方もおられるでしょう。
確かに下取りなら欲しい車を愛車の下取りで購入額から値引けますし、買取の手続きも購入手続きも一挙に行えるので簡単です。
ですが、単純に売却価格だけを考えると、車査定の方が高く査定されます。車を手放す際に買取と下取りのどちらを選べばいいかというと、高く売りたいなら買取です。下取りは買取より安く手放すことになってしまうでしょう。下取りだと評価されなかった部分が買取ならプラスになる場合もあります。
特に事故車を売ろうとした場合は、下取りだと評価が大変低く、廃車費用の請求をされることもあります。中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、売却対象車につけられた査定価格にも期限が設定されています。期限については業者や担当者ごとに違いがあるはずですから、査定金額を出してもらった時点で有効期限の具体的な日にちをあらかじめ確認しておくべきです。
有効期限の設定は、長いところで2週間が設定されていると思いますが、決算期やボーナス時期などには短めの設定になることが当たり前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です